おすすめ商品&サービス紹介ブログ

ykiblog

ファッション 革靴

【ブランド別】失敗しないメンズローファーのサイズ選び!

更新日:

スポンサーリンク

ローファーをネットで購入しようと考えている方向けの記事です!

ローファーのサイズ選びって難しいですよね。。
ちょっと大きかったら歩いているとき脱げそうになりますし、ジャストフィットがいいですけど、ブランドによってサイズ感が異なっていたり( ;∀;)

そこで今回、いままで履いたことのあるCole Haan(コールハーン)、Berwick(バーウィック)、G.H.BASS(ジーエイチバス)、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)、Pertini(ペルティニ)のサイズ感を紹介します!

サイズ選びで失敗しないようになりますよ( ◠‿◠ )

G.H.BASSのローファーは複数店舗で取り扱いがあるため、売り切れになることはないですが、最安値のショップでは、サイズによっては売り切れになることもありますので、ご購入はお早めに

関連記事

革靴好きなあなたに絶対おすすめ!美しさと機能性を両立したコールハーンの革靴紹介!

関連記事

自分の足型を知ろう!

まずはご自分の足長(サイズ)と足囲(ワイズ)を基に下記の表から、ご自分のワイズを知りましょう。
正しく計測するには、他の方に測定してもらうことをおすすめします。
けれどもご自分で測定したとしても大きく異なることはないでしょう。

この表のワイズはJIS規格です。
メーカーによっては、JIS規格に沿っていないものもありますし、沿っていたとしても、メーカーによって多少誤差があります。

それならなぜ、自分のワイズを知る必要があるのか。それは、自分のワイズが細い方なのか、広い方なのか、おおよその自分の足型を知るだけでも革靴のサイズを選ぶうえで役に立つからです。

足長(サイズ)と足囲(ワイズ)の測り方

他の方に計測してもらう場合は、両足に体重をかけて立ちましょう。
ご自分で計測する場合は、座ったまま、計測する足に軽く体重をかけましょう。

足長

  1. かかとの出っぱった部分を起点とし、メジャーをあてがいます
  2. そこから直線で人差し指の先端までを計測します

足囲

  1. 親指の関節の一番出っぱった部分と、小指の関節の一番出っぱった部分の2か所にメジャーを通します

「ワイズ 測り方」の画像検索結果
上記で測った情報を、ワイズ算出表と照らし合わせてご自分のワイズを把握しましょう。

ワイズ算出表(JIS規格)

足長
(サイズ)
単位:mm
足 囲(ワイズ) 単位:mm
B C D E EE EEE EEEE F
←細い 細め 普通 広め 広い→
235 216 222 228 234 240 246 252 258
240 219 225 231 237 243 249 255 261
245 222 228 234 240 246 252 258 264
250 225 231 237 243 249 255 261 267
255 228 234 240 246 252 258 264 270
260 231 237 243 249 255 261 267 273
265 234 240 246 252 258 264 270 276
270 237 243 249 255 261 267 273 279
275 240 246 252 258 264 270 276 282
280 243 249 255 261 267 273 279 285

ブランドごとにサイズ感紹介!

筆者の足型

私の足長(サイズ)は260、足囲(ワイズ)は240でした。
ワイズはC~Dの間となり、細めの分類です。
確かに昔からいわゆる'日本人向け'の靴はあまり履かず、海外メーカーの靴を履いていたりしたので納得です。

比較表

私が持っている、または試着したことがある革靴のサイズとワイズ、サイズ感を記載しました。
革靴はサイズが同じであっても、サイズ感はブランドごとに異なるので、サイズ選びは本当に難しいです!

また、ワイズは日本独自のサイズ表記のため、海外ブランドのワイズは目安になります。

ブランド  サイズ  ワイズ  サイズ感
Cole Haan(コールハーン)  US 6.5 (24.5~25.0cm)  E~EE  ぴったり
Berwick(バーウィック)  US 5.5 (24.0~24.5cm)  E~EE  だいぶキツイ
G.H.BASS(ジーエイチバス)  US 7.5 (25.0~25.5cm)  D  ぴったり
SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)  25.5~26.0cm  E  ぴったり
Pertini(ペルティニ)  EU40 (24.5~250.cm)  EE~EEE  少し大きい

サイズ感に記載している文言の説明は以下の通りです。

  • ぴったり:足先を革靴の先端まで入れて、小指一本入る程度(人差し指を縦にすると入らないくらい)
  • だいぶキツイ:ギリギリ足が入る程度(靴の脱ぎ履きにだいぶ苦労するくらい)
  • 少し大きい:歩いていると靴内で足が動き、脱げそうな感覚がある程度(人差し指を縦にしても入るくらい)

ぴったりの感覚は個々人で異なってくるのでムズカシイですね。。
ちなみに私は'キツイ革靴を履きながら伸ばしていく'という感覚がわからないので、そういったサイズ感は求めていない感じです。

次に比較対象となった靴の履き心地やサイズ感を紹介していきます。

Cole Haan(コールハーン)のサイズ感

コールハーンのタッセルローファーです。
タッセルローファー、いま流行りですよね。

そんな流行りに乗って?タッセルローファーが欲しくなり、私はこの商品を購入しました。
シンプルなタッセルローファーでありながら、かかとのワンポイントがおしゃれです。
けど、選べるほどタッセルローファーの種類って多くなく、取り扱いが少ない印象です。

この商品はアウトレットに売っていたり、ネットでもアウトレット価格となっているくらいなので、数年前のモデルかと思われます。

一般的な革靴と比べ、中敷きにクッション性があって、履き心地はだいぶ良いです。

あと、ゴム底なのも個人的にはGoodポイントですね。
もちろん、革底の方がおしゃれだとは思いますが、雨の日に使えなかったり、滑ったりと実用性の面でちょっと微妙なんですよね。。

Berwick(バーウィック)のサイズ感

初めはこっちのタッセルローファーを購入しようと思っていました。
けれども、注文した商品のサイズが合わず、0.5サイズアップしようと思ったら、返品までの間にそのサイズは売り切れ( ノД`)
コールハーンのタッセルローファーは満足度が高いので、結果オーライではありますが。。

Berwickは最近人気がある革靴のブランドですね。
百貨店なんかでも取り扱いがありますし、Berwickの革靴を購入するお客さんも多いみたいです。
作りこみがしっかりされていて、かつ、スペイン製で独特なデザインを持っているのが人気のポイントですかね。

こちらのタッセルローファーも靴底は革ではありません。
Berwick独自のダイナイトソールという耐久性・耐水性に優れたものとなっています。

G.H.BASS(ジーエイチバス)のサイズ感

G.H.BASSに関してはこちらの記事で紹介しています!

間違えやすいG.H.BASS ローファーのサイズ選びをお助けします!【定番モデル紹介】

ソールはちょっと薄い気もしますが、値段が値段ですし、という感じです。
長持ちすればいいなあ、といった感じです。

Pertini(ペルティニ) のサイズ感

これまた、タッセルローファーを探しているうちに出会ったシリーズの1つです。

ちょっと青みがかった色味が特徴です。
シンプルにおしゃれなんですが、まさかの一番小さいサイズでもちょっと大きいという事態に陥りました。
スタンスミスなどのスニーカーだと、26.5とか27.0を履いているので、びっくりしましたね(´・ω・`)
海外ブランドというだけあって、小さいサイズは取り扱っていない感じなんでしょうね。。

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のサイズ感

ちょっと番外編です。
番外編要素は、ローファーのサイズ選びと言いつつ、ストレートチップの革靴を取り上げたところです。
ただ、スコッチグレインは日本製で履いたこともある方もたくさんいらっしゃるのではないか、より参考になるのではないかということで取り上げてみました。

革靴の王道中の王道である、内羽根ストレートチップです。
冠婚葬祭にはこの靴を履いていけば間違いないです。

形がきれいでお値段もお手頃、更に修理は匠ジャパンというスコッチグレイン専門の修理会社でお手頃に行なってくれます。

まとめ

いかがでしたか、ローファーのサイズ選びの参考になっていれば幸いです。

質問などありましたらお気軽にご連絡ください(^^)/

スポンサーリンク

-ファッション, 革靴

Copyright© ykiblog , 2020 All Rights Reserved.