おすすめ商品&サービス紹介ブログ

ykiblog

ブログ

ベニカベジフルスプレーの気になる効き目を検証!【アブラムシ駆除】

更新日:

スポンサーリンク

害虫駆除の方法、または、ベニカベジフルスプレーの効果を知りたい方向けです(^^)/

家庭菜園で育てていた、きゅうりに害虫がついていたため、害虫駆除について調べました。

その中で特に評価が高かったのが、ベニカベジフルスプレーでした。

そのためベニカベジフルスプレーを購入し、使用してみましたので、その時の話を紹介します!

ベニカベジフルスプレーとは

・幅広い害虫に優れた効果があり、だいこん、キャベツなどの野菜、うめ、かき、かんきつなどの果樹に使用可能

・速効性と持続性(アブラムシで約1カ月)を実現。成分は葉裏まで浸透し、葉の中や葉裏の害虫まで退治

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレーの商品特徴より

※害虫の予防効果はありません

特にアブラムシの駆除で効力を発揮するように感じます。

家庭菜園で発生した害虫の駆除について

害虫発見(アブラムシの写真有、閲覧注意)

我が家ではプランター2つででミニトマト・きゅうり・ピーマンを栽培しています。苗を購入し、植えてから1か月ほど経過し、順調に育っています。しかし、先日きゅうりの花に透明な虫が。。よく見るとアブラムシでした( ;∀;)!!

以前から、ピーマンにも小さい茶色の物体がついていたのですが、よくよく考えるとこいつも虫なんでしょうね。。普通に指で払ったりしてましたキモチワル(´・ω・`)調べてみたところ、こいつもアブラムシっぽいですが、どうなんでしょう。。

アブラムシの生態

アブラムシは農作物に被害を与える虫です。具体的には、農作物の栄養素を吸い取ったり、アブラムシを通してウイルスが感染します。また、単為生殖(メスだけで子供を産む)で子孫を増やしていき、1匹あたりの卵を産む量も多いため、発見した場合は直ちに駆除する必要があります。日光に弱く、黄色いものに集まる傾向にあるようです。(我が家ではきゅうりの葉に隠れた黄色の花にいました・・・)そして、すす病という厄介な病気を引き起こします。

ベニカベジフルスプレーの散布

タイトルにある通り、「住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml」を購入しました。

Amazonですと、送料無料で500円以内で購入できるので、「あまり効かなくても他のを買えばいいかー」という気持ちでした。

茎のてっぺんから葉の裏表、土の表面まで散布しました。散布量はどのくらいが適切か不明だったのですが、再度害虫が発生することを恐れたので、結構な量を散布したと思います。

※あとから気づいたのですが、スプレーの取扱説明書に"葉の表面に散布するだけで、裏面にまで浸透する"という記述がありました

ベニカベジフルスプレーの効果

下記のような結果となりました\(^o^)/

散布翌日は存在が確認できたのですが、散布翌々日は写真の通り、きゅうりの花に付いていたアブラムシが黒くなり、動かなくなっていたので死んでいると思われます。アブラムシは死んでも張り付いているみたいです。また、ピーマンの葉にいた虫もいなくなっていました。

<散布翌日>

<散布翌々日>

 まとめ

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml」は即効性があり、効果も絶大ということがわかりました。

結果は正解でした。無農薬で行うアブラムシ駆除の方法として、牛乳や酢の散布や、粘着テープ(ガムテープ・セロハンテープ等)の使用が挙げられますが、思うような効き目が得られないことを恐れ、スプレー(農薬)を使用するに至りました。また、害虫が発生した場合はお知らせしようと思います。(願わくばもう出ないでください。笑)

 

ちなみに、住友化学園芸では、ベニカベジフルVスプレーという商品もあります。

こちらは、即効性はないものの、殺虫・殺菌成分が含まれており、月1回の散布で防虫や、病気の予防、病気の治療の効果があります。

 

また、野菜や果物の元肥や追肥には「住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 700g」がおすすめです。

スポンサーリンク

-ブログ

Copyright© ykiblog , 2020 All Rights Reserved.