おすすめ商品&サービス紹介ブログ

ykiblog

ファッション 革靴

【革靴クリームのおすすめNo.1】エム モウブレイの商品紹介!

更新日:

スポンサーリンク

皆さん靴磨きはやっていますか?
面倒ではありますが、お気に入りの靴を長持ちさせたいなら必ず靴磨きをしましょう( ◠‿◠ )

ただ、靴磨きにはいろいろとメンテナンス用品が必要になります。
そこで今回紹介するのがコスパ最強のエムモウブレイです。

靴磨きの流れ

基本的に靴磨きは下記のような順序で行います。

  1. ほこり落とし
  2. 古いクリームの除去
  3. クリーム塗り付け
  4. ブラッシング
  5. 余分なクリーム除去

 

シューキーパーはお持ちですか??

革靴にはシューキーパーが必須です!
湿気を取ってくれたり綺麗な形を保つ役割を果たしてくれる、木製で縦横伸縮可能なシューキーパーがおすすめです。
安価な商品でも充分役割は果たせますので、保証もついているこちらの商品をどうぞ( ◠‿◠ )

エムモウブレイ(M.MOWBRAY)とは

エムモウブレイ(M.MOWBRAY)はシューズケア用品のブランドとしては1,2を争うほどの有名ブランドです。

M.MOWBRAYと書いて、正式にはメルトン・モゥブレィと読みますが、「M,モゥブレィ」、「モゥブレィ」または「エムモウブレイ」と呼ばれています。

エムモウブレイ(M.MOWBRAY)が多数の方から支持されている理由として、品質の良さ安価な価格が挙げられます。
ほかのシューケアブランドよりも安価でありながら、品質は同等かそれ以上という評価を得ています。

特にクリームは光沢・伸び・仕上がりの良さが優れており、初心者の方が使用するに適した価格でありながら、
品質の良さからそれ以降も他ブランドに乗り換えずに長年使用するというパターンも多いです。

平均点が高い、かつ、値段も安価なので、乗り換える理由を探そうにも、見つかりません。

株式会社 アールアンドデーというシューズケア用品全般の輸入・販売を行っている日本の会社が、代理店としてエムモウブレイ(M.MOWBRAY)の商品を企画・販売しています。
クリームなどの代表的な製品はイタリアで製造しています。

エムモウブレイ(M.MOWBRAY)の用途別 商品紹介

靴磨きのフェーズごとにエムモウブレイ(M.MOWBRAY)の商品を紹介していきます。
楽天では送料がかかってしまいますが、Amazonでは送料がかからないため、Amazonでの購入をおすすめします。

ほこり落とし

クリーナーをかける前にプロホースブラシを使用して、靴の表面のほこりや泥を落としましょう。

こちらは馬毛のブラシです。
なぜ、馬毛かと言いますと、毛が細かく柔らかい馬毛は細かい部分の汚れもかき出すことが出来るからです。

2種類ありますが、大きさが異なります。
下記、1つ目の商品は大きく(サイズ:183mm×50mm)、2つ目の商品は小さい(サイズ:157mm×45mm)です。

大きいと言いましても持ちやすいサイズなので、男性でしたら1つ目の商品がおすすめです。
女性で手の小さい方は2つ目の商品が良いでしょう。

古いクリームの除去

前回の靴磨きの際のクリームや汗などの汚れを浮かせて落とすことが出来るクリーナーが、1つ目の商品のステインリムーバーです。
古いクリームの除去はこちらの商品だけで問題ありませんが、気になる汚れがあって、ステインリムーバーでも落ちない場合は、
2つ目の商品のステインクレンジングウォーターを使用しましょう。

こちらの方が頑固な汚れに効きます。

ちなみに汚れ落としに使用するクロスは何を使えばいいのよ!って話ですが、
Tシャツやマイクロファイバークロスなどが使用可能です。
極論、靴に傷がつかなければなんでも良いです。

エムモウブレイからも専用クロスが売られていますが、あまり評判が良くありませんので、Tシャツなどで代替可能であればそちらで良いかと。

クリーム塗り付け

クリームの塗り付けにはクリームブラシが必要です。
クリームの塗り付け方法は、ペネトレィトブラシに【M.モゥブレィ シュークリームジャー】や【M.モゥブレィプレステージ クリームナチュラーレ】等の乳化性靴クリームを米粒2~3粒程度取り、素早く靴全体に塗り広げていきます。

シュークリームジャーは1つ目の商品で、クリームナチュラーレは2つ目の商品です。
違いは、クリームナチュラーレのほうが容量は約1.5倍、価格は約2倍で、保革成分が多く含まれていること、艶に高級感が出ることです。

正直、素人目では大きな違いは感じられませんので、好みで決めてもいいですね。

エムモウブレイの商品は、伸び・仕上がり・光沢・補色・価格の面で優れており、購入する方がとても多いです。

補色とは靴のキズやシミを補修してくれます。
ニュートラルは透明です。

ですので、新品の革靴はニュートラル(無色)、ある程度キズやシミが目立ってきたなと感じたら色付き(補色)のクリームを使用すればよいです。
持ちが良いので、1足に1つ用意した場合、かなり長い期間使用できます。
(月1回くらいの使用頻度なら、2,3年以上持ちます)

 

ブラシは100均でも販売されていますが、毛抜けが激しいので、エムモウブレイのペネトレイトブラシをおすすめします。

ブラッシング

豚毛・化繊のブラシでブラッシングし、クリームを均一にしつつ余分なクリームを取り除きます。
この工程でクリームが靴全体にまんべんなくいきわたります。

ブラシを大きく動かすことを意識することで、靴の表面でクリームが移動し、艶が出てきます。

ほこり落としでは、馬毛のブラシを使用しましたが、この工程では、豚毛・化繊のブラシを使用します。
理由は、豚毛・化繊のブラシのほうが毛が太く、ブラシにコシがあるため、クリームの伸びが良くなるからです。

余分なクリーム除去

余分なクリームを除去するために、グローブクロスを使用しましょう。
通常のクロスより、グローブクロスを使って手のひらで靴全体のクリームを取る方がムラなく、綺麗に取れます。

クリームが残っていると、ズボンの裾に付着してしまいますので、必ずこの工程は行うようにしましょう。

エムモウブレイその他 商品紹介

エムモウブレイ デリケートクリームの紹介

靴磨きは既に紹介した商品だけで充分ですが、さらに革靴を「長持ちさせたい」、「いい状態をキープさせたい」という方向けに2つ商品を紹介します。

まず1つ目がデリケートクリームです。

こちらの商品の使用タイミングは靴が乾燥している状態です。
長期間手入れをしていない革靴や、新品の革靴が当てはまります。

通常のクリームとの違いは、水分含有量です。

デリケートクリームのほうが水分含有量が多いため、クリームの伸びが良く、乾燥した革靴の使用に適しています。

使用方法は、通常の靴磨きの際に使用するクリームをデリケートクリームに替えるだけで、ほかの手順は同様です。

エムモウブレイ プロテクター アルファ(防水スプレー)の紹介

2つ目の商品は防水スプレーです。

革靴にとって一番の天敵、、それは水分です。
革靴が水分を含んだまま放置しておくと、型崩れやひび割れ、カビが生じてしまいます。。

こちらの防水スプレーを使用し、雨、ホコリ、汚れから靴を守りましょう。

エムモウブレイ スエードケア用品の紹介

スエード製の靴やカバン、財布などをケアするエムモウブレイの商品を紹介します。

エムモウブレイ スエード用ブラシ クアトロブラシ

主に靴に使用することが多いです。

こちらのブラシを使用し、スエードの表面や毛の間に付着したホコリや汚れを掻き出し、毛並みを整えます。

エムモウブレイ スエード用 栄養・防水スプレー

スエードに吹き付けることにより、革に栄養を補給したり、防水する効果があります。

定期的な仕様により、色あせや汚れも防ぎます。

エムモウブレイ スエード&ヌバックシャンプー

スエード・ヌバック専用の汚れや雨ジミなどを落とすシャンプータイプのクリーナーです。

長期間履いて全体的にひどい汚れが付いた靴をきれいにします。
また、深く入った起毛皮革靴の履きシワを伸ばし、型崩れを直します。

お買い得なエムモウブレイ おすすめシューケアセットを紹介!

長々と説明してきましたが、、「とりあえず一式替え揃えたい」という方はこちらを買っちゃいましょう。

靴磨きに必要なシューケア用品が必要最低限揃っています。
まずはこちらを購入し、その後必要に応じて買いそろえていきましょう。

こちらのセットにはニュートラルのクリームが入っていますので、お持ちの靴のカラーは問いません。

靴磨きの簡単な説明書も入っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

正直、靴磨きは面倒くさいです。
けれども、それよりもせっかく買ったお気に入りの靴がボロボロになってしまう方が嫌です。

また、使用期間が長くなるにつれ、革靴ならではの味も出てきます。
光沢があって、深みが感じられる靴にはとても魅力を感じます。

 

ということで私はこれからも靴磨きを続けるでしょう( ◠‿◠ )

皆さんもご一緒にいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-ファッション, 革靴

Copyright© ykiblog , 2020 All Rights Reserved.