おすすめ商品&サービス紹介ブログ

ykiblog

筋トレ

24時間営業ジムとフィットネスクラブを比較!【メリット&デメリット】

更新日:

スポンサーリンク

こんな方におすすめ

  • 24時間営業ジムってフィットネスクラブと何が違うの?
  • 24時間営業ジムのメリット・デメリットとは?
  • 24時間営業ジムを利用する際の注意点は?

関連記事

関連記事

関連記事

24時間営業ジムはこんな人におすすめ

  • 会費は月額10,000円以内に抑えたい方
  • "自宅近く と 会社近く"など複数個所のジムを利用したい方
  • ジムはマシンジムのエリアだけで良い方
  • 朝早くから、または、夜遅くにもジムに行きたい方
  • 正しい筋トレフォームを習得している方(筋トレ中級者以上)

フィットネスクラブはこんな人におすすめ

  • 会費は月額10,000円越えても構わない方
  • "自宅近く または 会社近く"など利用できるジムは1か所で充分な方
  • プールやスタジオも利用したい方
  • ジムに行く時間帯は日中から深夜の間の方
  • 正しい筋トレフォームを習得していない方(筋トレ初級者)

24時間営業ジムとフィットネスクラブの特徴比較

24時間営業ジム(エニタイムフィットネスなど)とフィットネスクラブ(コナミスポーツクラブなど)の特徴を比較しました。

順に説明します。

24時間営業ジム フィットネスクラブ
価格 ×
他店舗利用 ×
設備 ×
営業時間 ×
スタッフの質・サポート ×
セキュリティ
混雑度

価格

 

24時間営業ジム フィットネスクラブ
価格 ×

24時間営業ジムは月会費5,000円~10,000円の間であるのに対し、フィットネスクラブは月会費10,000円~です。
キャンペーンや地域によって会費が変わってくるため、申込する店舗によって会費にばらつきがあります。

なぜ、24時間営業ジムのほうが安いかと言いますと、設備と人件費を抑えている点が挙げられます(後ほど詳細を説明します)。

他店舗利用

「fee free」の画像検索結果

24時間営業ジム フィットネスクラブ
他店舗利用 ×

24時間営業ジムは基本的に入会手続きを行った店舗以外でも無料で利用できます。
もし国外にも店舗がある場合は、国外であっても利用できます(!)。

たとえ引越した場合でも、ジムの乗り換え手続きが不要なのはうれしいですね。

自宅近くや会社近く、実家に帰省した際など、他店舗利用無料のメリットを享受できる機会は多そうです。

フィットネスクラブの場合だと、他店舗利用の際は500円~1,000円ほど料金がかかってしまいます。

設備

gym_facility

24時間営業ジム フィットネスクラブ
設備 ×

24時間営業ジムはマシンジムオンリーです。
更衣室も狭く、お風呂やサウナもありません。
シャワールームの数にも限りがありますし、利用する人もあまりいません。

フィットネスクラブは設備が揃っています。
プールやスタジオ、お風呂やサウナもあります。

 

営業時間

24時間営業ジム フィットネスクラブ
営業時間 ×

24時間営業ジムは年中無休、24時間営業です。

フィットネスクラブは基本的に営業時間は10時~23時です。
また、お盆やゴールデンウイーク、年末年始期間などの大型連休は休業になってしまう店舗も多いです。

10時~23時の時間帯以外大型連休中は利用しないし24時間営業ジムじゃなくて良いやー」と今は思っていても、ジムに行く習慣がついてくると、大型連休中にジムに行けないことがストレスになってきたりします。
また、自分が利用したい時間帯が混雑していても、時間帯が変えるのは難しいです。
(筆者自身、フィットネスクラブ会員時は仕事後に利用していましたが、24時間営業ジムに乗り換えてからは仕事後の時間帯は混雑するため、朝6時から行くこともあります)

スタッフの質・サポート

「gym trainer」の画像検索結果

24時間営業ジム フィットネスクラブ
スタッフの質・サポート ×

24時間営業ジムは0時~10時あたりの時間帯はスタッフがいません。
また、それ以外の時間帯であっても、スタッフは1,2人程度しかいません。
電話が鳴りっぱなしということもたびたび出くわします。

スタッフの半数くらいは、ジムを掃除したりするアルバイトのスタッフで、筋トレに関する知識はないため、正しい筋トレフォームを教えてもらうことはできません。
この点が、24時間営業ジムを筋トレ初心者におすすめしない理由です。

フィットネスクラブは営業時間内ですと、3~5名ほど在中しています。
研修中でない限りは、正しい筋トレフォームの指導を行うことができると感じます。

また、これだけ複数人のスタッフがいますので、例えあまり知識がない筋トレ器具であってもほかのスタッフで補完できます。
この点が、フィットネスクラブを筋トレ初心者におすすめする理由です。

筋トレフォームは自分では正しいと思っても、必ず一度はスタッフの方に見てもらった方が良いです。意外とできていないことが多いです。

間違ったフォームによる筋トレは怪我や、いびつな筋肉の付き方につながります。

セキュリティ

「security camera gym」の画像検索結果

24時間営業ジム フィットネスクラブ
価格

セキュリティ面に関しては優劣つけがたいです。

スタッフの質・サポートの章でご説明したように、24時間営業ジムは無人の時間帯があります。
しかし、「防犯カメラが20台以上設置されている」かつ、「入退場履歴を管理している」ため、もし盗難があったとしても犯人はすぐ捕まります。
(天井にはおびただしい数の防犯カメラが設置されており、全会員の行動はチェックされています)

フィットネスクラブは営業時間中は無人になることはありません。
ただ、ロッカールームは防犯カメラは数個、かつ、常に人がいるわけではないため、その点でセキュリティの心配があるかもしれません。
しかしながら、こちらも入退場履歴を管理しているため、そこまで心配はないように思います。

何かあってからでは遅いため、極力貴重品は持ち込まないようにしましょう。

混雑度

「crowded gym」の画像検索結果

24時間営業ジム フィットネスクラブ
混雑度

混雑度に関しては、「24時間営業ジムだから空いている!」「フィットネスクラブは混んでいる」とは言えません。

フィットネスクラブよりも24時間営業ジムのほうが敷地面積が狭いのは間違いありません。
ただ、利用者数に関しても開きがあるため、混雑に感じるかどうかは利用する時間帯によると思います。

ですので、あなたの近くのジムによく利用する時間帯に見学に行くことをおすすめします。

まとめ

24時間営業ジムフィットネスクラブの違いはわかりましたでしょうか。

人によって重視する部分は異なると思いますので、ぜひあなたに合ったジムを探してみてください(^^)/

スポンサーリンク

-筋トレ

Copyright© ykiblog , 2020 All Rights Reserved.