おすすめ商品&サービス紹介ブログ

ykiblog

アウトドア 子育て

子供乗せ電動自転車のおすすめな方は?【メリットとデメリット】

投稿日:

スポンサーリンク

本記事では、以下の方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 子供乗せ自転車の購入を考えているが、電動アシストが必要か迷っている
  • 子供乗せ電動自転車のメリットを知りたい
  • 子供乗せ電動自転車のデメリットを知りたい

個人的には子供を乗せて自転車に乗る場合、電動アシストは必須だと思います。

移動では労力を使わずに、家事や仕事に注力するのが望ましいですね。

子供乗せ電動自転車とは

電動アシスト機能とチャイルドシートが搭載された自転車です。

平日は子供の保育園や幼稚園の送り迎え、休日は近くの公園やショッピングに使用できます。

電動アシストがついているので、自転車に子供を乗せて走っても疲れません。

子供乗せ電動自転車がおすすめな方とは

子供乗せ自転車は1歳~6歳の年齢で使用可能です。

子供と言えども体重はかなりあり、1歳で約10 kg、6歳で約20 kgです。

お米10 kgを1つか2つ、自転車のかごに乗せて漕ぐことを考えるとゾッとしますね。
それに、2人になるとより一層大変です。

子供を乗せて自転車を漕ぐ場合、できれば電動アシストをある方が良いですが、今回は特におすすめしたい方をピックアップしました。

 

ちなみに、子供の体重推移はこちらになります。

満年齢 体重平均値
1 歳 9.3 kg
2 歳 11.6 kg
3 歳 13.7 kg
4 歳 15.6 kg
5 歳 17.7 kg
6 歳 20.3 kg

出典:スクスクのっぽくん

  • 自転車に乗る時間が長い
  • 坂が多い
  • 運動が苦手 または 体力がない

自転車に乗る時間が長い

ただでさえ、自転車に長時間乗っていると疲れるのに、子供も乗せていると更に疲労がたまります。

また、信号や横断歩道などで一旦止まると、漕ぎ始めで労力を使います。
それが何度も続くとなると大変です。

電動アシストは漕ぎ始めには背中を押してくれるようにアシストが働くため、全く労力を必要としません。

坂が多い

子供を乗せて自転車で坂道を上るのはほぼ不可能に近いと思います。。

電動アシストがついていない自転車を買ったとしても、途中で挫折してしまうでしょう。

運動が苦手 または 体力がない

漕ぎ始めはスピードがついていないことにより左右にふらつくため、バランス感覚を必要とします。

自転車をコントロールできないと、重大な事故につながります。

子供乗せ電動自転車のメリット・デメリット

子供乗せ電動自転車のメリットとデメリットを紹介します。

子供乗せ電動自転車のメリット

まずは子供乗せ電動自転車のメリットを紹介します。

運転していても疲れない

ペダルを漕がなくて良いわけではありませんが、ペダルを漕ぐ際は力を必要としません。

そのため、ほとんど疲れません。

子供の身の回りの世話や掃除、料理、洗濯など毎日家事に追われている方にとって、移動で疲労が溜まらないということはとても大きなメリットとなります。

運転が安定する

スピードに乗っていると荷物が重くても重心が安定します。

漕ぎ始めが問題で、スピードに乗るまでにふらつきますが、電動アシストは漕ぎ始めに大きなパワーを出してくれるので、ふらつくことなくスピードに乗れます。

子供乗せ電動自転車のデメリット

次に子供乗せ電動自転車のデメリットを紹介します。

価格が高い

定価が10万円を切ることはまずありません。

ただ、電動アシストによるメリットがかなり大きいため、充分購入する価値はあります。

一度購入してしまえば、維持費は数年に一度のタイヤ交換くらいですので、コツコツ購入のためのお金を積み立てましょう。

関連記事

自転車が重い

バッテリーが重いため、子供乗せ電動自転車の重量は30 kg前後となります。

前輪だけでも持ち上げるのは大変なので、レール式駐輪場に乗せるにはコツが必要です。

とは言え、自転車を持ち上げることなんてほとんどありませんので、そこまで支障が出るわけではないはずです。

運転にコツが必要

子供乗せ電動自転車は漕ぎ始めに電動アシストが働いてくれるおかげで、ふらつかず、力も使わずスピードに乗れると紹介してきました。

電動アシストが効いているときは、自転車を後ろから押してもらっているような感覚になります。
そのため、電動アシストに慣れない方にとっては恐怖を感じるかもしれません。

コツとしては電動アシストが効いている際も、落ち着いて、できるだけハンドルを真っすぐに保つことです。

何度か乗るうちに慣れてきますので、そこまで心配する必要もありません。

型が小さい

子供乗せ電動自転車は各社ともに20型しかありません。

重心が低い方がバランスを取りやすいという点と、すぐに足がつく点を考慮した結果、こちらのサイズになったと考えられます。

身長171㎝の男性が20型の自転車に乗るとこんな感じです。
ちょっと窮屈に見えますね。

筆者も似たような背格好ですが、ハンドルを切った際、たまにハンドルに足があたります。

普通に漕いでいる際はそんなにストレスは感じません。

ただ、乗る方の伸長が180㎝を超えてくるようですと、購入前に必ず試乗しておいた方が良いでしょう。

View this post on Instagram

もうすぐ父の日。最近は送迎姿のパパもよく見かけます◎子どもと一緒に、パパへ感謝の気持ちを伝えてみるのもいいですね。 * ◆モデル パパ:171cm 子ども(フロント): 1歳10か月 79cm 子ども(リヤ):3歳7ヵ月 96cm 自転車: bikke POLAR / ホワイト※リヤチャイルドシート&クッションはオプションパーツ * bikke について詳しくはこちら! https://www.bscycle.co.jp/items/e-bicycle/ * 子ども乗せ電動アシスト自転車bikke! #bikkeのある暮らし * #父の日 #お父さんいつもありがとう #1歳 #男の子 #3歳 #女の子 * #ブリジストンじゃないよブリ_ヂ_ストンだよ * #bikke #ビッケ #BRIDGESTONE #ブリヂストンサイクル #自転車 #電動自転車 #子乗せ自転車 #電動子乗せ自転車 #モブさん #サイクリング #子供とおでかけ #カフェ #登園 #おやばか部 #親バカ部 #こどものいる暮らし #パパでも似合う自転車

A post shared by 【公式】*bikke*ビッケ*子ども乗せ電動アシスト自転車 (@bikke_by_bridgestone) on

スポンサーリンク

-アウトドア, 子育て

Copyright© ykiblog , 2020 All Rights Reserved.