おすすめ商品&サービス紹介ブログ

ykiblog

ガジェット

臨場感抜群!肩掛けスピーカーのおすすめは?人気メーカーの比較6選

更新日:

スポンサーリンク

本記事では、肩にのせるだけで新しい音体験をもたらす、肩掛けスピーカーを取り上げます

肩掛けスピーカーのメリット、デメリットや、現在発売されている機種それぞれの特徴を紹介します。

肩掛けスピーカーはこんな方におすすめ

  • 音楽を聴きたいが周囲の音も聞き取りたい(自転車乗車時の車の走行音や、スマホの着信やインターホンに気付きたいなど)
  • 周りへ大音量を響かせたくない
  • イヤホンやヘッドホンの圧迫するような装着感が苦手

肩掛けスピーカーの比較表はこちらです。

SONY 肩掛けスピーカー SRS-WS1
JBL SoundGear BTA
肩掛けスピーカー

Bose SoundWear
Companion speaker

肩掛けスピーカー

EM-Tech MY THEATER
肩掛けスピーカー

シャープ
肩掛けスピーカー
AN-SS1-W

JVC NAGARAKU SP-A10BT
肩掛けスピーカー
SP-A10BT-B

通信到達距離 30 m 10 m 9m 10m 10m 3m
スピーカーユニット Φ30 mm(左右それぞれに搭載) Φ31 mm(計4機搭載) - - - -
接続方式 専用送信機 Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth
防水機能 × × 〇(IPX4) × × ×
連続再生 7時間 6時間 12時間 14時間 14時間 20時間
充電時間 3時間 2時間 3時間 2.5時間 2.5時間 3時間
サイズ (幅 x 奥行 x 高さ) 303 x 285 x 121 mm 190 x 240 x 50 mm 181 x 181 x 16 mm 181 x 181 x 16 mm 238 x 234 x 52  mm
重量 335 g 350 g 259 g 86 g 86 g 88 g

関連記事

肩掛けスピーカーとは

肩掛けスピーカーとは、ここ最近、注目を集めている商品です。

本商品を肩に乗せ、テレビやスマホなどとBluetoothで接続することで、臨場感ある音を実現してくれます。
耳元近くで響くことによる音圧が空気の震えを生み出し、ライブ映像では実際にライブ会場で感じるような音場を再現します。

また、ワイヤレス接続のため、接続したまま家の中を歩く回ることもできます。

肩掛けスピーカーのメリット

  • 臨場感がある
  • 装着時にイヤホンやヘッドホンのような圧迫感が無い
  • 大きな音を出しづらい場合でも大音量で楽しめる
  • 装着していても周りの音が聞こえる

振動により臨場感が増し、新しい音体験を得られます。
(ウーハーみたいな感覚です)

また、イヤホンなどで耳を密閉するわけではないため、周りの音が聞こえます。
そのため、スマホのバイブレーションや着信音やインターホンにも気づくことが出来ます。

それでいて、大音量で聞いていても、周りにはそこまで大きな音は聞こえません。

まとめると、肩掛けスピーカーは臨場感があり、周囲の音を拾え、音が漏れにくいのが特徴です。

肩掛けスピーカーのデメリット

  • 価格が高い
  • 価格に見合った音質は期待できない
  • 周りに多少音が聞こえる(近くで寝ている方がいる場合や、公共交通機関では使えません)

肩掛けスピーカーは安いものでも1万円、高くて3万円はします(2018/12/23 現在)。

「良い音」を聞きたいのであれば、同価格帯のイヤホンやヘッドホン、スピーカーを買った方が良いです。

音質にこだわらず、前述したメリットを得たい人にはおすすめできる商品です。

肩掛けスピーカーをテレビと接続する方法

テレビの音声を肩掛けスピーカーで聞く方法として3パターンあります。

接続方法は商品によって異なります。

  • テレビがBluetoothに対応
  • 肩掛けスピーカーに付属のBluetooth送信機を使用
  • Bluetooth送信機を購入

テレビがBluetooth接続に対応

肩掛けスピーカーはBluetooth接続に対応しているので、テレビもBluetooth接続に対応していれば、テレビの設定から簡単に接続可能です。

ただ、Bluetooth接続対応のテレビは少ないのが現状です。

肩掛けスピーカーに付属のBluetooth送信機を使用

肩掛けスピーカーとBluetooth送信機がセットとなっている商品もあります。

その場合Bluetooth送信機をテレビに接続(AUX端子 または USB端子)し、肩掛けスピーカーとBluetooth接続を行います。

Bluetooth送信機がセットの商品は、本記事では下記です。

SONY 肩掛けスピーカー SRS-WS1JBL SoundGear BTA肩掛けスピーカーVC NAGARAKU 肩掛けスピーカーSP-A10BT-Bシャープ 肩掛けスピーカー AN-SS1-W 

Bluetooth送信機を購入

テレビがBluetooth接続に対応しておらず、肩掛けスピーカーとBluetooth送信機がセットになっていない場合、Bluetooth送信機を購入する必要があります。

Bluetooth送信機とはこのような商品です。

Bluetooth送信機がセットではない商品は、本記事では下記です。

Bose SoundWear Companion speaker 肩掛けスピーカーEM-Tech MY THEATER 肩掛けスピーカー

肩掛けスピーカーのおすすめ商品紹介

こちらでは肩掛けスピーカーの価格が安い商品から順に紹介します。

首が太い人は本体が湾曲可能なBose製の肩掛けスピーカーをおすすめします

シャープ 肩掛けスピーカーAN-SS1-Wのおすすめポイント紹介

シャープ製の肩掛けスピーカーです。

次に紹介します、EM-Tech MY THEATER ネックバンドスピーカーのOEM製品となります。
そのため全く同じ仕様、機能です。

ポイント&説明

・本体が86g
とても軽量なので、首や肩が凝ることはありません。

・連続再生時間が14時間
連続再生時間が14時間もあるため、数日は充電せずに使用することも可能です。

・2通りの接続方法
Bluetooth対応機器(スマホやタブレット)によるBluetooth接続と、テレビのジャックとUSB端子に本製品付属のヘッドホン端子とUSBドングルを使用したBluetooth接続があります。

EM-Tech MY THEATER ネックバンドスピーカーのおすすめポイント紹介

EM-tech製の肩掛けスピーカーです。

連続再生時間(14時間)と軽さ(86 g)が特徴で、低価格なので、とりあえず肩掛けスピーカーを試してみたいという方におすすめです。

音質はそこまで期待できませんが、問題ないレベルで、コスパが良いため評判も良い商品です。

ポイント&説明

・本体が86g
とても軽量なので、首や肩が凝ることはありません。

・連続再生時間が14時間
連続再生時間が14時間もあるため、数日は充電せずに使用することも可能です。

・2通りの接続方法
Bluetooth対応機器(スマホやタブレット)によるBluetooth接続と、テレビのジャックとUSB端子に本製品付属のヘッドホン端子とUSBドングルを使用したBluetooth接続があります。

JVC NAGARAKU SP-A10BT 肩掛けスピーカーのおすすめポイント紹介

JVC製の肩掛けスピーカーです。

EM-Tech MY THEATER ネックバンドスピーカーと大きな違いはありませんが、こちらのほうが連続再生時間が長いものの、USBによるBluetooth接続ができないため、テレビとの接続は別途Bluetoothトランスミッターが必要となります。

ポイント&説明

・本体が88g
とても軽量なので、首や肩が凝ることはありません。

・連続再生時間が20時間
連続再生時間が20時間もあるため、数日は充電せずに使用することも可能です。

JBL SoundGear BTA 肩掛けスピーカーのおすすめポイント紹介

JBL製のAptX Low Latency対応が特徴である肩掛けスピーカーです。

同梱のTV用Bluetooth送信機である「TV Bluetoothワイヤレストランスミッター」を使えば、Bluetoothが非搭載のテレビなどとも手軽にワイヤレス接続が可能です。

ポイント&説明

・AptX Low Latency対応
Bluetooth接続技術の1つである、AptX Low Latencyに対応しているため、高音質かつ、低遅延となっています。

・高品質なハンズフリー通話
デュアルマイクは、周囲の騒音を排除する高性能ノイズキャンセリング機能と、音声をクリアに抽出する機能を搭載しています。

・手軽にBluetooth送信機とテレビを接続可能
同梱のTV用Bluetooth送信機である「TV Bluetoothワイヤレストランスミッター」を使えば、Bluetoothが非搭載のTVなどとも手軽にワイヤレス接続が可能です。

ソニー SONY 肩掛けスピーカーのおすすめポイント紹介

SONY製のオシャレで重量感のある外観が特徴である肩掛けスピーカーです。

接続対象機器と直接接続するのではなく、同梱された送信機を介するため、音の遅延や音切れがほとんどありません。

ポイント&説明

・映像の中に入り込んだような迫力
映画やゲームのアクションシーンやライブ映像でのドラムやベースの音に連動して振動が発生し、リアルな感覚を味わえます。

・人間工学に基づく心地よい装着感
背中から肩、鎖骨のラインに沿ったアーチ形状とインナークッションにより、長時間の使用やラフな姿勢でも、快適かつ安定した装着感です。

・2台まで同時接続可能
1つの送信機に対してスピーカーは2台まで接続可能です。

・高度なワイヤレス伝送技術
スピーカーと送信機間は音が途切れにくく低遅延なワイヤレス伝送技術を採用し、視聴中にスピーカーを装着したままテレビから離れても使用することができます。

Bose SoundWear Companion speaker 肩掛けスピーカーのおすすめポイント紹介

Bose製の高音質で防水機能も搭載した肩掛けスピーカーです。

肩掛けスピーカーの中で最も高音質、連続再生時間が12時間、本体が湾曲可能、防水など、とにかく機能が豊富、かつ高度です。

性能面で言えばこの商品が肩掛けスピーカー No.1と言えます。

ポイント&説明

・上向きに配置されたスピーカー
サウンドは耳に向かって届くため、お気に入りの音楽を楽しみながら音漏れを最小限に抑えます。

・本体が湾曲可能でどんな方にもぴったりフィット
首や肩の形に合わせ、自由に調整できる形状固定ワイヤーでカバーし、シリコンがねじれを適度に調整し、首回りにぴったりフィットさせます。

・防滴仕様
雨が降っても、汗をかいても心配いりません

・Bose Connectアプリ
Bose Connectアプリを使用して、Bluetooth接続の管理や低音の調整を簡単に行えます。

まとめ

2018年に発売された商品が大半です。

ですので、肩掛けスピーカー自体は現状そこまで普及していませんが、今後人気が出ること間違いなしだと思います!

流行りに乗りたい方や新しい音体験をしてみたいというかたはぜひ(^^♪

スポンサーリンク

-ガジェット

Copyright© ykiblog , 2020 All Rights Reserved.